永久脱毛に関する豆知識

 数ある脱毛法の中で根本的にムダ毛の悩みを解決できるのは永久脱毛だけです。医療レーザーを使用する施術であり、医療機関だけで受けることができます。施術者は医師や看護師であり、医療資格の取得者のみです。エステ脱毛には永久脱毛を思わせるネーミングが数多く見られますが、その性質はまったく異なっています。生えてこないレベルにまで減毛するには、永久脱毛を受ける以外にはありません。施術後に若干太くなることがありますが、極端に太くなることはないので安心です。

 

永久脱毛は医療レーザーを毛乳頭に照射して、完全に破壊することを目的としています。植物の根に相当する部分ですから、ここを枯らせると考えるとわかりやすいでしょう。枯れた草木は再び成長することがないように、ムダ毛も再び生えることはありません。ただし、無毛になるわけではなく若干の産毛は残ります。見た目にはほぼツルツルであり、近くで見ると少し産毛が生えている赤ちゃんのような肌になると言えばわかりやすいでしょう。

 

脱毛後に何年か経過してムダ毛がやや太くなったという声がありますが、これはホルモンバランスが変化することで生じるものであり、永久脱毛の効果がなくなったわけではありません。いずれにしてもスベスベ肌を維持することができるので、肌にとってメリットは絶大でしょう。肌を元気にするためには、ムダ毛処理を若いうちからやめることが何より大切です。肌というのは年齢によって老化していくもので、ダメージに対する抵抗力が弱くなっていきます。だからこそ若くて肌が元気なときに医療脱毛を受けるのが好ましいのです。

 

医療レーザーは痛みが強いと言われていますが、個人差が非常に大きいと言えます。例えば毛抜きで処理する場合も、抜くときにすごく痛いと感じる方もいれば、ほとんど痛みを感じない方もいます。医療脱毛もこれと同じであり、個人差は非常に大きいと言えるでしょう。極端に痛いと感じる場合は、その旨を伝えれば麻酔を使用して抑えてくれます。