VIO脱毛の範囲と脱毛の形について

 VIO脱毛はデリケートエリアの総称です。ハイジニーナ脱毛とも呼ばれ、VはVラインで、ビキニラインのヘアのことで、IはIラインで、女性器周辺のヘアのことで、OはOラインで肛門付近のヘアのことを言います。デリケートな部分ですので、自己処理脱毛をすると、不衛生ですので、医療レーザー脱毛やエステサロンなどでVIO脱毛をすることをおすすめします。

 

VIO脱毛は、それぞれ脱毛範囲があります。Vラインは、個人の希望により、まったく毛をなくすことも可能です。毛の量を少なくすることもできます。毛の生えているエリアを希望の形にカットすることもできます。長方形やハート形や三角形など、下着から毛がはみ出ないような形で、希望の形にすることができます。

 

Iラインは、生理の際に、経血が絡まったり、タンポンを装着する場合に、毛を巻き込むことがあるので、毛が多い人は、無毛にすることが衛生面のためにいいでしょう。色素沈着している部分は脱毛できませんが、それ以外の部分はレーザー脱毛できます。生理のムレや痒みなども軽減しますので精神的に楽になります。Iラインは人によって最初から薄い人やほとんど生えていない人がいます。

 

Oラインは、肛門付近のヘアなので、毛が生えていると、どうしても不衛生になりやすいので、まったくなくすのがベストです。うっすらと生えている程度で、人によってはほとんど気になるヘアではありませんが、排便の際に、不衛生になりがちな部位です。

 

VIO脱毛は、クリニックによって回数を設けているセットプランが多いです。Vラインは思いのままの形にカットでき、IOラインは、すべての毛をなくすのがおすすめのやり方です。水着を着る機会が多くなる夏は、デリケートエリアのお手入れが大変です。医療レーザー脱毛は永久脱毛ですので、一度綺麗にすれば一生お手入れ知らずです。数か月に一度のペースで照射をして期間にして二年くらいで完了します。